前へ
次へ

内科とは|どんな症状を診てくれるのか

内科は、基本的に薬剤を使った治療を専門的におこなう科です。もっとも身近な医療であり、体に不調があればまずは内科に行くという人が多いでしょう。手術という治療はおこないませんが、それ以外はほとんどの診療を一手に引き受ける医療の窓口でもあります。というのも、内科は病気を診断するという重要な役目を担っているからです。どこが悪いのか、何か起こっているのか、患者自身もわからないことも多いですが、医学の基礎の中心として内科医が診て、最初の診断をつけるという役割があります。つまり、何かおかしかったら内科、不調があれば内科、迷ったら行くべき医療機関が内科です。ただし近年では総合内科のほかにもたくさんの診療部門があり、少々複雑化していることも事実でしょう。循環器、呼吸器、消化器などのほか、ありとあらゆる部門があります。もちろん特定の臓器を診療する専門医がいたほうがより効果的な治療をおこなえますが、患者自身がそれを識別することはほぼ不可能です。かかりつけ医の制度も浸透しつつありますが、病気のことを幅広く知っていて適切な道を示してくれる医師を見つけることが大切だと言えます。

Page Top