前へ
次へ

内科とは一体どういった病を診てもらう科なのか

日本にはたくさんの病院が存在しており、耳鼻咽頭科や整形外科に眼科などいくつもの種類があります。大人に成長していくとより医療について無知であっても、何かしらの経験をして目の症状なら眼科、腰痛や骨折などなら整形外科に受診します。様々な症状に合わせてクリニックが専門としている科に受診しますが、特に身近な医療である内科はどういった事を診てもらう為に受診するのでしょうか。骨や目や歯など特定部位の不調ではなく、どこが原因で不調なのかわからない事や痛みに襲われた際にまず行くのが内科です。迷ったらとりあえず内科と言う言葉もあるほど、身近な医療機関であり、その判断や考え方は間違いではなく内科自体も同意している事です。内科学の定義では簡単に患者の状態を観察して、科学的に分析して病気を明らかにする事とされています。初期の診療をするので、先端医療まで網羅しておく事も重要とされており、病気を特定する重要な役割を担っている機関です。内科から特定して、より専門的な機関に繋ぐ事も役割としているのです。

Page Top