前へ
次へ

頼れる内科をかかりつけ医に|かかりつけ医のすすめ

かかりつけ医は内科以外にもあり得ますが、日常生活で体調に不良を感じたときに相談できる先という意味では、必然的に内科が多くなるでしょう。かかりつけ医を持つメリットは、日頃のその人の状態をよく知っている内科医がいることで、ほんの少しの体調の変化にも気づきやすくなるということです。特に内科は病気の診断をつけるという重要な役割を持つ診療科なので、患者の病気の早期発見や早期治療を可能にするだけでなく、発生の予防にもはたらくことができます。誰でも初めて訪れる病院では緊張しますが、すでに自分の体のことを知ってくれる信頼できる内科があれば、早く相談することで病気や治療の的確なアドバイスを得ることが可能です。もちろん必要であれば適切な医療機関を紹介してもらえるため、判断に迷うことなく、どうすればよいか相談できることがメリットです。現在、基本的に大病院に初診で受診する際は、かかりつけ医などからの紹介状が必要になっています。生活する地域によく知る内科医がいれば、病気になったときだけでなく、病気にならないための行動の支えになるでしょう。

Page Top