前へ
次へ

内科看護師の仕事は病棟と外来で異なる

内科看護師の仕事内容は、病棟業務と外来業務の2種類に大別できます。病棟では一般業務がメインとなり、仕事内容としては日常的な作業が多くなります。具体的には毎日のバイタルチェックをはじめ、服薬確認や健康管理、検尿や採血などです。点滴中の患者では、点滴薬剤の投与や交換、器具の点検などが業務に含まれます。高齢患者に対しては、食事介助や排せつ介助などを行うこともあります。但し、生活介助に関しては介護士やソーシャルワーカーが担うことが多くなっています。内科看護師は、そうしたスタッフと連携しながら、患者が快適に過ごせるよう指導する役割が求められます。病棟には症状の重い患者もおり、内科看護師にはそうした患者の精神的な支えになることも期待されます。一方、外来の内科看護師の仕事は、診察の介助などが主な業務となります。検温や血圧測定、採血など検査や診断に必要な健康データを収集するわけです。 身体が不自由な患者がベッドに横たわる際には、それを手助けするのも重要な仕事となります。謂わば医師の手足となって動くのが役割であり、医師との阿吽の呼吸が求められます。外来患者の多くは、薬剤処方による治療がメインであるケースが殆どです。それ故、服薬の確認業務が内科看護師の重要な仕事の一つとなります。また、規模の小さなクリニックでは、内科看護師が受付から院内の清掃まで手掛けることもあります。

Page Top